レンゲツツジが咲き始めた6月7日/8日と、峰の原高原では7回目を数えるMTBの大会「スペシャライズド・カクタスカップin 峰の原」が開催されました。今回は 700エントリーを越え、関東地域の主力会場ともなって来ています。




カクタスカップの大会を支える峰の原高原のペンションヴィレッジのオーナー!!。

スペシャライズドスタッフと大会運営委員の峰の原高原のペンションオーナー共同で、残雪ある4月中旬から会場の視察準備が始まった…。 雪融け後の新芽もまだ出て無いような時期からコース仮設作業始まる…。 大会を支える運営委員の峰の原高原のペンションのオーナー達も、3時間耐久レースの計測作業をバックアップ!
峰の原高原のペンションオーナー達の地道な作業で、この大会は支えられています。使い終わったカラーコーンを1個1個洗っているところ。 コース作りに欠かせない“くい”の整理は気が遠くなるような根気のいる作業なんです。いったい何本有るのでしょうか…?? 大会の終演を喜びあう大会運営委員の峰の原高原のペンションのオーナーの皆さん。ご苦労さまでした(^^)
写真庫メインページへ…


copyright