菅平高原 峰の原高原 小布施 須坂の宿泊は♪ペンションGEN TOPへ

峰の原高原の水源を訪ねて…

ペンションG E N自慢の峰の原高原の水
館内の水は、すべて美味しくお飲み頂けます。
水源は根子岳(2207m)の浸透水、硬度18度の超軟水。
すぅーっとしたのど越しの、優しい飲み心地です。
 
峰の原高原の水源…
峰の原高原の水の美味しさは格別です。
ペンションGEN館内の水道の蛇口からの水は、
すべてこの根子岳の浸透水(伏流水)が水源のため、
飲料水として美味しくお飲み頂けます。

水を出したまま1分位お待ち頂ければ、
蛇口は汗をかきはじめ冷たくて新鮮な水が出て来ます。
これ、何気ない高原のありがたい恵みです。

この美味しいお水で炊いた、炊きたての熱々ご飯を食べていただきたく思い
ペンションGENの朝食は“和食”になりました。

ペンションGENにご宿泊のお客さまからも
みそ汁やコーヒーの味も一味ちがう!と大変好評です。

ご宿泊のお客さまは峰の原高原の水の美味しさはご存じだと思いますが、
このページでは少しだけ峰の原高原の“美味しい水の謎”に迫りたいと思います…



ある日、私はどうしても水の美味しさを探究したく
須坂市の水道局に電話をしてみました。
峰の原高原の水道担当の浦沢さんのお話では…


水量は、かもしか谷水源1号、2号がメインとなっているそうで、
複数の水源の水を配水所に集め、最低限の滅菌処理のみ行っているそうです。
通常平地等では数種類の薬品に頼ってしまうようですが、
峰の原高原の水はきれいなので、最低限の処理で済むそうです。

また、ろ過の方法もゆっくり行うため、水の美味しさを保てるとか…

驚いた話が…浦沢さんが、ろ過器の掃除をする時に
時折“さんしょううお”を見かける時があるとのこと…。
それこそ“清流の証”ですね!

(水筒や空のペットボトルなどありましたら、どうぞお持ち帰りください)



【水源は数ケ所を使用】

その1…  かもしか谷水源1号、2号(表流水…沢の水)
その2…  しらかば沢水源(表流水…沢の水)
その3…  りんどう台水源(湧水…いわゆる湧き水)
その4…  くさつまた水源(地下水…ポンプでくみ上げ)
その5…  調査中

地域、地形的に見ても総べて根子岳の浸透水とのこと。



【硬度18度の超軟水とは…】

( 峰の原高原の水の成分 )
Ca (カルシウム) 4.8Mg (マグネシウム) 1.5
Na (ナトリウム) 2.8 、K (カリウム) 0.9

水の硬度の計算式 (カルシウム×2.5) + (マグネシウム×4)

( 峰の原高原の水の硬度を計算すると… )
(カルシウム4.8×2.5=12) + (マグネシウム1.5×4=6) = 18となります。
●軟水:1〜100 ●中硬水:101〜300 ●硬水:301〜

( 市販の水の参考硬度 )
縄文水/5〜10、ボルヴィック/50、六甲のおいしい水/83、エビアン/291、コントレックス/1503



copyright